林檎は木から落ちた

上昇志向の林檎です。

MENU

日本人の英語習得を難しくしている原因考察!!

どうも!あぽーです!!

f:id:ringoapo90:20181112122424j:image

昨日くらいから新しい家を探しています。

前からシェアハウスしてみたかったからです。

なかなかいい物件が見つからなくて大変そうです。

 

さて、今日は英語が超苦手な私が日本人の英語習得を難しくしている原因について考えていきたいと思います。

 

 

文法

一番はじめに挙げられるのは「文法の違い」だと思います。

まず語順が異なるため頭の中で一度考えてから話出さないと文章にならないのです。

慣れてくれば考えなくても話せるようになるのでしょうが、はじめのうちは考えてから話さないと会話になりません。

そのせいで会話のテンポが遅くなり、発言の回数が少なくなってしまうのではないでしょうか?

 

また、英語は主語を明確にする言語です。

日本語では主語が無い方が円滑に進む文章であっても、英語では主語を見つけないといけません。

また主語によっても動詞の形が変わるため、日本語とのギャップがあります。

 

リズム感

英語には日本語にない独特のリズム感が存在するように思います。

このリズム感を理解していないと正しい英語を話していても上手く伝わりません。

 

私はこのリズム感が上手く理解できずに苦しんでいます。

正しい文法の文章を話していたとしても、自分のイメージするリズム感と異なるためとても違和感を抱いてしまうのです。

また、このリズム感を習得できていないためリスニングの伸びも悪いように感じています。

これの改善点としては、沢山英語の映像を見て習得するしか無いのでしょうか…

 

アルファベット

アルファベットの問題が一番の問題だと私は思っています。

なぜならば、日本人は複数の文字が混合している文章を読むことに長けているからです。

一つの文章の中に異なる書式の文字が入ってくる言語は日本語の他にはないでしょう。

 

例を一つあげます。

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり』

『ぎおんしょうじゃのかねのこえ、しょぎょうむじょうのひびきあり』

上の文章と下の文章どちらが読みやすいでしょうか?

どちらが理解しやすいでしょうか?

 

読み方を知っていれば、多くの日本語母国語話者の方は上の文章の方が読みやすいと答えるでしょう。

これが英語学習にとっての最大の障害になっていると私は考えています。

 

多くの場合、英語学習において使われるのはテキストやプリントでしょう。

文章を読まねばなりません。

英語の文章はアルファベットと数字だけで形成されています。

日本人にとってこれは苦痛でしかありません。

なぜならば、日本人は複数の文字が混在している文章に慣れているからです。

 

難解なミステリー小説が全てひらがなで書かれていたら最後まで読む気が持続するでしょうか?

このブログが全てひらがなで書かれていたら読む気は持続しますか?

きっと持続しないでしょう。

日本人にとって同じ書式の文字の羅列はただの苦痛でしかないのだと私は思います。

 

英語に限らず他言語を学習するとき、私は頭文字の同じ単語は全て同じに見えてしまいます。

これは英単語がアルファベットの羅列にしか見えていないからだと思います。

きっとカタカナであっても同じです。

アルファルファ

アロンアルファ

アルファベット

ルフレッド

アンデスメロン

5つ同時に見てみてください。

5つの言葉を一瞬で判別できますか?

結構難しいと思います。

 

つまり、日本人は複数の文字の形が混じった文章を読むことに慣れてしまっているため、英語学習に必要な「英文を読む」ということを苦痛に感じるのでしょう。

 

まとめ

今回は英語学習における壁についてお話ししました。

最初の写真は英語に対する私のイメージです笑

高い壁をイメージしました。

 

今回の記事は自分が感じている英語に対してのイメージをぶつけただけです笑

特に最期のアルファベットの問題はどうしようもない!

数をこなすしかないと思います。

 

英語学習をしている方!一緒に頑張りましょう!

そして、英語が苦手で自分には無理だと思っている方!

私が1年間である程度習得できるという証明をしますので見ていてください!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

読者登録も是非お願いします!! 

今が一番若い!思い立ったが吉日!!

どうも!あぽーです!!

f:id:ringoapo90:20181111062147j:image

今日朝起きたら外は雪でした!!!

今週くらいから日本もカナダも寒くなるようなので、お互いに風邪ひかないようにしましょうね!!(こないだまで風邪ひいてたとは言えない…)

 

さて、今日は理想を実現するためにはということについて書いていきたいと思います。

 

 

いつやるの?

日本には理想を現実にするためにとてもいい言葉があります。

かの有名な塾講師の林修先生が言ったこの言葉、

「いつやるの?今でしょ!

この言葉は、志望校に合格するためにいつから勉強を始めるの?という意味で使われ始めたものだとは思いますが、理想を現実にするための言葉としてとてもいい言葉であると思います!

 

今が一番若い

いつやるの?今でしょ!は本当に真理だと思います。

なぜならば、今が一番若いからです。

 

10,000時間の法則というものがあります。

10,000時間の法則とは、何事においてもプロレベルになるためには、10,000時間の練習が必要だという法則です。

よく仕事などで一人前になるためには3年間は働かなくてはならないということを聞きますが、10000時間を3年でこなすためには1日9時間ほど必要です。

日本の就労時間は一般的に8時間なので、ほぼ3年間で10000時間を達成することになります。

 

あなたの理想とする自分の姿はどんな姿ですか?

きっとやりたいことにおいてプロのように自由自在に行えることが目標でしょう。

 

そのためには約10,000時間の練習が必要なのです。

 

では、出来るだけ早くプロレベルになるためにはどうする必要があるでしょうか?

それは…

 

今すぐに練習を開始することです!

なぜならば、今が一番若くて、今が一番10,000時間を最短で達成できるスタート地点だからです。

 

5秒の法則との関連性

私が以前記事で紹介した5秒の法則と、このいつやるの理論は親和性がとても高いです。

 

ringoapo99.hatenablog.com

 

5秒の法則とは、人間の脳は考え始めてから5秒後に自分を守るための言い訳を考え始めるので、やりたいことは思い立ってから5秒以内に始めましょうというものです。

 

何をやるにしても今やるのが一番いいのです。

人によっては環境や立場を気にして始めることができない人もいるでしょう。

その時に1番重要なのが5秒の法則なのです。

 

歌が上手くなりたい人は鼻歌でもいいから歌ってみましょう。

絵が上手くなりたい人はとりあえず書いてみましょう。

賢くなりたい人は本を読み始めてみましょう。

私のように英語ができない人は、字幕付きの映画を見るところから始めてみるといいかもしれません。

また、私のようにいきなり海外に行ってみるのもいいと思います。

実際問題、本当に英語ができなかった私がたった1ヶ月でたどたどしいながらも日常会話が成立するまでになっていることが証明になると思います。

 

海外に来てみて、海外って大したことないなってのが正直な感想です。

比較的安全な国に来ているからかもしれませんが、ものはなんでも揃うし、日常的に困ることはまずありません。

みんなが英語がないから行けないとか言ってるのを聞いてたので、そうなのかな?とか思っていたんですけど、全然そんなことない!

英語ができない人ほど海外留学するべきだと思います!

このことに関してはまた今度記事にします。

 

話が脱線しましたが、何をする上でも今すぐに始めるということはとても重要なことであるということです。

 

思い立ったが吉日

これは私の大好きな言葉です。

とりあえず始めてみませんか?

なんでも手に入る世の中です。

そんな世の中だからこそ、理想の自分も手に入れてみませんか??

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

読者登録も是非お願いします!! 

 

海外生活に持っていくべきもの3選!!

どうも!あぽーです!!

 

カナダでの生活が1ヶ月を過ぎ、そろそろ日本が恋しくなってきた頃です。

また、カナダはとても寒く、現在11月の頭なのにもうマイナスを下回ることもあります。

今日の日本の気温を調べると、15°くらいだったので本当に羨ましいと思いました。

11月でこんなに寒いなら冬はどうなるのでしょうね…

 

さて、今日はそんな日本に恋しくなった私が選ぶ

『海外生活に持っていくべきもの3選』

を紹介したいと思います。

 

 

お茶漬けの素

今すぐにお茶漬けの素が欲しい!!

永谷園のやつが欲しい!!

 

なんでも揃うトロントでもさすがにお茶漬けの素は見ない笑

カルピスウォーターならダウンタウンで売っている店見つけたんですけどね?笑

 

お茶漬けの素の中でも梅干しの味のやつが食べたい!!!

 

日本の味が恋しくなったときに一番思い出すのがお茶漬けってどうかとは思うんですけど、「梅干し」「出汁」「ご飯」の三点セットで、完全に日本の味なんですよね!!

 

どうしても食べたい!

誰か送ってきて欲しいくらい笑

 

永谷園 お茶漬け 詰め合わせ お買得パッケージ 50袋

洗濯ネット

洗濯ネットは必須です!

なぜなら、カナダでは洗濯した後に干して乾かすのは一般的ではなく、基本的には乾燥機にかけるからです。

しかも、海外の洗濯機は馬力があるので、洗濯ネットがないと洗濯物が大変なことになります。

 

海外でも売っていないことはないのですが、いかんせん品質が良くない!

洗濯機の中で開かないようにするストッパーの付いているものがないのです。

これだとせっかく洗濯ネットに入れたのに意味がありません。

 

洗濯ネットは持っていきましょう。

 

GLAMOURIC 洗濯ネット ランドリーネット 洗濯袋 6枚入 セット 細目角型 収納 終身交換承り

ポケットティッシュ

ポケットティッシュこそ海外にはほとんどない文化です。

チラシを入れて街中で配っているのなんて日本くらいです!!

 

いざという時にポケットティッシュがないと本当に困ります…

例えば、急に鼻をかみたくなった時、トイレに行って紙がなかった時、噛んでたガムの味がしなくなった時。

挙げだしたらきりがありません。

 

語学学校の授業中にポケットティッシュを机の上に置いておくと、別の国から来た友達がこれ何?って聞いてきます。

 

てか、私鼻炎なのでないと困ります!

日本から持ってきたやつあと2つしかないです!!!

 

ネピア「鼻セレブ」ポケットティッシュ 24枚入 × 16個パック <2セット・計32個>

おまけ

おまけで1つだけ持って行ったほうがいいものを紹介します。

それはアップル製品です。

なぜアップル製品を持っていくべきなのか。

というより、日本で買っていくべきなのか?

 

それは、アップル製品は日本で買うのが一番安いから!!

どっかのホームページで比較されていたんですけど、日本で買うのが一番安いらしい!!

 

それは肌感覚でも感じられるものなのですが、カナダでAirPodsを買おうと思って検索してみたらどう考えても日本の方が安いと感じられる値段が出てくるのです!

それは元々の値段が高いのと、税金が高いせいですね。

トロントのあるオンタリオ州では、13%の税金がプラスされます。

13%も加算されたらもう…

 

というわけで、アップル製品は日本で買って行った方がいいですよ!

そのほかの生活必需家電は海外でも買えるのでそんなに持っていく必要はないかと!!

 

まとめ

今日は『海外生活に持っていくべきもの』を紹介しました。

持っていくべきものというか、今私が欲しいものを並べただけなんですけどね笑

 

あと持っていくとしたら、お気に入りの化粧品とかシャンプーとか歯磨き粉とかですかね?

まぁ、気にしないなら海外でも買えます。

 

正直なところ、あんまり気にし過ぎなくても大丈夫だと思いますよ!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました!

よかったら他の留学関連の記事も読んでみてくださいね!!

ringoapo99.hatenablog.com

ringoapo99.hatenablog.com

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

ほぼ毎日ブログ更新しているので読者登録も是非お願いします!! 

 

「やる気」が出ないときに使える5秒のルール

どうも!あぽーです!!

 

今日めっちゃ更新しています笑

最近扁桃炎にかかってて勉強するのも辛かったのでずっとYouTubeで動画見てたんですけど、その中で面白いものを見つけたのでシェアしようと思います。

 

5秒の法則

あなたは5秒の法則って知っていますか?

私はこのYouTube動画で知りました!

 


「やる気」が出ない時に5秒で動き出す方法 4K メル・ロビンスの5秒の法則

 

メル・ロビンズさんの「5 Second Rule」という本の内容を紹介した動画です。

The 5 Second Rule: Transform your Life, Work, and Confidence with Everyday Courage

その内容とは、

 

あることをやりたいと思ったら、思った瞬間から5秒以内に取り掛かる。

 

というものです。

 

その理由としては、どうも人間の脳はやりたいことを考え出してから5秒後くらいから「できない理由」を探し出すかららしいです。

5秒以内だと、できない理由が上手く言語化されないから取り組みやすいということです。

 

しかも、多くの場合一度始めたことは片付くまで続ける人が多いので、5秒のルールと上手いこと合わさっていいループが出来上がるのです。

 

私も動画見てすぐに実践しています。

そうです。この記事を書くことを思いついたから、今こうやって書いているのです。

 

非常に面白い方法だと思ったので、興味のあるかたは今すぐにでも試してみてくださいね!

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

ほぼ毎日ブログ更新しているので読者登録も是非お願いします!! 

 

 

これからの日本はどうなっていくのか考察!

どうも!あぽーです!!

f:id:ringoapo90:20181108100859j:image

カナダに来て感じていることの一つに、日本人の留学生は多かれ少なれ日本の将来に関して考えているという事があります。

例えば、今後の日本のグローバル化政策について真剣に考えている人がいれば、カナダの移民の多さを見て今後行われるであろう日本の移民政策について考えている人もいます。

かく言う私もこれからの日本の教育に関しては非常に関心のあるところであり、どのように変えれば日本の教育が向上するのかはよく考えています。

以前に『日本は早く飛び級制度を導入するべきだ』という記事をアップした事があります。

今回の記事はその時発信した事に加えて、「これからの日本はどうなっていくのか」ということに関して考えていくものにしたいと思います。

 

 

日本はこれからの発展し続けられるのか?

日本の抱える問題点

日本がこれからも発展し続けるのかどうかは多くの人の関心だと思います。

なぜならば、日本で働き日本で生活する人にとって日本の発展は必要不可欠なものであるからです。

日本が衰退していくと、企業が衰退し、給料が減り、物が売れなくなり、更に企業は衰退する。

家庭に関しても、収入が減るので贅沢はできなくなり、今の平均的な家庭の生活レベルを維持出来る保証はありません。

そう考えると、これからも日本は発展し続けて欲しいと感じる人が多いのも納得だと思います。

 

最初に結論から言うと、私は今後も日本は発展し続けると思っています。

しかし、かつて主流だった製造業をこれからも維持していくのであればその発展はないでしょう。

日本が発展する道の一つとして推進すべきなのは、サービス業などを中心とした第三次産業を中心産業にすることです。

すでにそうなりつつあると思います。

これは今までの歴史を見ればわかると思いますが、アメリカやヨーロッパ諸国は戦後著しく産業発展した日本の生産物に圧されて製造業を捨てサービス業中心の社会を作り上げたのです。

これは今の日本の状況と全く同じだと考えます。

後ろが追いつこうとしているのです。

中国・韓国・インドその他の国々が製造業において猛威を振るっているのです。

もっと恐ろしいことは、中国や韓国はもう日本に追いつくどころか追い越していると言っても過言ではないでしょう。

現に、中国の人件費の高騰により製造業の下請け国は移り変わっています。

現在はベトナムラオスカンボジアあたりが製造業の役割を担っていますが、その後ろにはアフリカ諸国が待っています。

後ろが詰まっているのです。

日本は早く製造業中心からサービス業中心の経済構造に移行を完了させるべきです。

それは人件費・材料輸入費において日本よりも安いコストで行える国の方が多いからです。

もう製造業では勝てません。

 

人材も懸念材料でしょう。

日本は人口が増加している世界の中では珍しく人口が減少している国です。

厚生労働省の調査では日本の人口は2050年ごろには現在の3分の2程度まで減少しているとの試算を出しています。

つまり、発展していって仕事が増えたとしてもそこに充てる人材がいないのです。

しかも皮肉なことにこれから足りなくなるのは、より必要になるであろう介護や医療に従事する人材でしょう。

日本は介護や看護において足りない人材を他国から外国人労働者として補充する政策を進めようとしています。

 

日本は外国人労働者の受け入れに対してその他の先進国よりも不利です。

それは日本人は日本人以外にほとんど話者のいない日本語を母国語とする国だからです。

即戦力を今すぐに連れてくる事が出来ません。

しかも一層厳しい状況にしているのが日本語が世界でも習得難度の高い言語の1つとしてあげられている点です。

必要な人員数が日本人と同じように日本語で仕事ができるようになるまで何年かかるのでしょうか?

きっとその頃には日本の人口減少がより顕著なものとなっているでしょう。

 

日本がとるべき政策

ここまで書いて自分でも思うのですが、これから日本が発展していく未来が見えてこない文章が出来上がってしまいました笑

では、どうすれば日本は発展し続ける事が出来るのでしょうか?

 

答えは上記した問題点の中にあると思います。

まず高齢化の問題。

これは今後日本だけの問題ではなくなるでしょう。

医療の発展、衛生状況の改善によって、世界的にみても平均寿命は伸びています。

これからも当分の間、これを読んでくださっている読者の方が一人残らず寿命を全うした後でも伸び続けるでしょう。

では、これをビジネスにしましょう。

世界の富裕層に向けて日本を終の住処として提案しましょう。

都合のいいことに日本には狭い国土の中に多くの観光資源があります。

足腰を悪くした方でも簡単に高速移動できる方法・手段がいくつかあります。

気候も比較的おだやかで住みやすい土地ですし、治安も世界トップレベルでいい。

最高の終の住処になりうると思います。

その人たちにたくさん外貨を落としてもらいましょう。

 

しかし老人が増えると問題点が一つありました。

介護・医療に従事する人材が足りていないことです。

これも他国から人を招きましょう。

日本の介護・医療の技術は世界トップクラスです。

お金を出してでも日本で学びたい人はいるはずです。

お金を払ってもらって日本で学んでもらいましょう。

そして望む人にはそのまま日本で働き続けてもらうことのできる法律も必要でしょう。

そうすることで何年か後にはサイクルが出来上がり、海外から技術を学びにくる人は日本語を習得していなくても日本の技術を学ぶことができるようになり、日本語をマスターしなくても働ける枠ができるのではないでしょうか。

 

つまりどういうことかと言うと、介護・医療において日本という国を間貸しするということです。

国はそこから生まれる金から税収としていくらか採って国家予算として使うということです。

 

では、そのサイクルから外された日本国民はどうしたらいいのでしょうか。

日本国民に関しては、今よりももっと教育にかかる税金を投入してより充実した教育を行うべきです。

そして外国人労働者を管理する立場、官公庁、公務員として働いてもらうべきでしょう。

 

ここからが結構重要な所なのですが、日本人の生産人口は年々確実に減っていきます。

これは事実です。

減っていくのなら日本人としての希少性を高めるチャンスです。

一人一人の学力を向上し世界でも戦っていける人材を作る必要があります。

時間のかかる子にはゆっくりと時間を与え、よりできる子にはより高度なことを与える。

教育にはそれが必要なのです。

今の日本にはそれをやるだけの余裕があると思います。

 

まとめ

少し長くなったので、教育に関することは次の記事に書きたいと思います。

私の考えは極論であると思います。

しかし、理想は語らねば形にならぬの精神でアウトプットしていこうと思います。

意見やコメントありましたらどしどしお願いします!!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

読者登録も是非お願いします!! 

カナダ!トロント周辺の綺麗な写真!オススメの場所!!①

どうも!あぽーです!!

f:id:ringoapo90:20181108025545j:image

本日でちょうどトロント生活1ヶ月になりました!!!

この1ヶ月だけでなかなか濃い思い出ができました。

一年経つ頃にはどうなっているのでしょうか??

本当に人生観が変わってそうです笑

 

さて、今日はそんな1ヶ月のトロント生活で撮った写真を何枚か紹介したいと思います。

私がたまーに上げている写真の記事とは少し趣旨が違うのですが、興味のあるかたは下にリンクを貼っておきますので是非ご覧ください!!

ringoapo99.hatenablog.com

 

 

 

トロントダウンタウン

f:id:ringoapo90:20181108031025j:plain

トロントダウンタウンの写真です(笑)

がっつり海外感が出ていますね~(コメント薄い…)

それは置いといて、ダウンタウンとは

都市や大きな町で、銀行や会社が集まり、商店などがある

いわばその地域の経済の中心地と言ったところでしょうか??

大阪で言ったら梅田から本町にかけて、東京で言ったら六本木とか丸の内に相当場所だと思います。

一枚目の写真は、私の通っている語学学校の最寄駅である「Union station」から目の前に見える建物を撮ったものです。

ちなみに奥に見える緑の三角ぼうしの建物は四つ星ホテルだそうです…

いつか泊まってみたい…(笑)

 

CNタワー

ホテルを過ぎてもう少し歩くと大きなタワーが見えます。

f:id:ringoapo90:20181108030622j:plain

トロントのシンボルCNタワーです。

CNタワー - Wikipedia

一応ウィキペディア貼っときました笑

CNタワーの場所は正直地図見なくてもわかります。

なぜならば、トロントダウンタウンにいれば建物に阻まれていない限りどこからでも見ることが可能だからです笑

本当にどこからでも見えるんですよ!

良いから見に来てくれ!!!!私は嘘はついていない!!!笑

f:id:ringoapo90:20181108030610j:plain

そんなことは置いておいてですね、馬鹿みたいに高い入場料を払ってCNタワーに登るとダウンタウンを一望することができます!!

これは非常に綺麗!!

トロントという町の広さ、遠くに見える豊かな自然

カナダに来たんだな〜ということを実感することができます。

f:id:ringoapo90:20181108031029j:plain

何よりも驚かされるのはオンタリオ湖の広さです。

この写真見て海だと思いました??

実はこれ湖なんです!!!

北米大陸にある五大湖の一つオンタリオ湖です。

オンタリオ湖五大湖の中で一番小さいらしいのですが、にわかに信じがたい…

なぜならば、地平線が見えているんですよ!?

地平線が見えていたらもう海でいいでしょ!!

でも、トロントに来たら海じゃない事が一瞬でわかると思います。

それは潮の香りがしないから。

トロント周辺で水辺に行こうが、船に乗ろうが潮の香りは一切しません。

これは流石にビックリしましたね笑

f:id:ringoapo90:20181108031021j:plain

夜になるとトロントは輝きます。

これは船上パーティーに行った時の写真なのですが、トロントの街は本当に綺麗でした。

この写真でもはっきりわかると思いますが、CNタワーの存在感はとんでもないです笑

 

まとめ

f:id:ringoapo90:20181108062805j:image

さて、第一回目のカナダ紹介はどうでしたでしょうか?
ほとんどCNタワーの紹介しかしていませんが、これからどんどん紹介していこうと思っているので楽しみにしていてくださいね!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

読者登録も是非お願いします!! 

 

ワーホリ!カナダ!トロント!海外生活に不安を感じることはない!【カナダ生活1ヶ月】

どうも!あぽーです!!

f:id:ringoapo90:20181107080720p:image

カナダに来てほぼ1ヶ月が経ちました!

1ヶ月間ブログの更新もなく申し訳ないな〜と思いながらも全力で1ヶ月楽しんでました笑

さて、今日はカナダでの1ヶ月間の日記を書くつもりで、『海外生活そんなに身構えることなかった』ということをお伝えできればなと思っています!!

 

これから留学に行こうと思っている方、もうすぐ出発だけど何していいかわからない方は以前書いた記事も合わせてご覧くださいね!! 

ringoapo99.hatenablog.com

 

 

機内預かり荷物は心配いらない!!

『心配だから日本から沢山の日用品や食品を持っていきたい!!』

『タダでさえ高いお金を払って航空券を買ったのに重量オーバーで追加料金は払いたくない!』

そう考えている人は結構多いと思います。

これに関してはそんなに気にする必要は無いと思います。

 

なぜならば!!

制限ギリギリの重量の荷物は楽に持ち運べるような重量ではないからです!

 

エコノミークラスの航空券を買った場合、国際線の機内預かりの荷物の重量は一個23kg程度です。

しかも多くの航空会社では、2個まで預けることができるのです!

つまり、無料で機内に預けることができる荷物の総重量は46kgとなります。

平均的な重さのイカを約9個運んでいるのと同じくらい。

生まれたての赤ちゃん約13人を運んでいるのと同じくらいの重量になります。

スーツケースに入れて運ぶのでスイカや赤ちゃんほどの重さは感じないと思いますが、46キロなんて滅多なことでは超えません!!

 

それでも超えてしまったという方!!

大丈夫です。

ここまでの話は『機内預かり』についてだけです。

まだ飛行機に無料で荷物を積み込む手段があります。

それは『機内持ち込み』です!

身の回り品(ハンドバック、傘、カメラ等)と、手荷物を合わせて10kgまで持ち込むことができます!!

 

これで総重量56kgです!

一つあたりの重量を気にしてさえいれば超えることは稀ではないでしょうか??

現地に着いてからホームステイ、家具付きの住居に住むことが決まっている方は十分な重量だと思います。

国にもよるとは思いますが、足りないものは現地調達で十分です。

 

てか、

56kgの荷物とか遠出する時に持ち歩きたくねぇ!!!!

 

荷物に関しては重量以外にも不安があります。

それは洋服のかさばりです。

私の訪れているカナダなど冬の厳しい国に行かれる方は特にだと思います。

「重さは大丈夫だけど、荷物数の制限の内に収まらない…」

そういう方にお勧めなアイテムがあります!

そうです!

 

 

圧縮袋です!

圧縮袋を使えば洋服のかさばりを最低限度に抑えることができます!

しかも!

大きいサイズの圧縮袋を使えば、羽毛の入ったコートなども一発で小さくなります!!

自分の荷物詰めの時に知ったのですが、最近では掃除機がなくても圧縮できる圧縮袋があります。

とても便利で、そんなに高くない!

安いのでいいなら100円ショップにも置いています。

圧縮袋に関しては絶対に買うことをお勧めします!!

 

入国審査は緊張しなくていい!!

入国審査はとても緊張すると思います。

私も緊張しました。

何聞かれたのかほとんど覚えていないですし、喋るの早すぎてほとんど聞き取れませんでした笑

けど、今実際入国できているわけですしなんの問題もありません笑

 

英語できなくてもスムーズに入国する方法はただ一つ!!

提出書類に不備がないこと!!

ただそれだけです!

国や滞在目的によって必要書類が異なると思うのでしっかりと確認して準備していきましょう!!

(ちなみに私は銀行の残高証明書忘れていました…笑)

 

移動・交通も問題なし!!

入国審査が終わって、入国ゲートを通ると無事に入国です!!

エージェントや語学学校の送迎が来ているなら合流して、ホームステイ先なり最初の目的地に向かいましょう!!

もし、送迎が無いならオススメの方法があります!

Uberです。

 

Uber

Uberとは簡単に言うと、ドライバーが自家用車を使っているタクシーのようなものです。

日本では免許の問題もあってあまり普及していませんが、世界中で広がっている人気のサービスです。

利用方法は簡単。

アプリに登録して、現在地と目的地を設定して配車するだけ!

アプリ登録時にクレジットカード、もしくはデビットカードの登録が必要ですが、それのおかげで現金の受け渡しは無し!!

キャッシュレスでタクシーに乗れます!

しかも、最初から目的地までの金額がアプリ上で確認でき、メーターを見ながらお金の心配をする必要もありません。

それに加えて、配車するところから降車するまでドライバーとのやりとりはアプリで行うため、現地の言語が話せなくても問題なし!!

値段もそんなに高く無いし、ドライバーがたくさんいるからすぐに迎えに来てくれるし、最高のサービスだと思います!!

Uber
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

TTC

世界いろんなところに鉄道などの交通システムがあると思いますが、トロントの交通システムであるTTCはなかなかの素晴らしさだと思います。

TTCとはToronto Transit Commissionの頭文字を取ってつけられた名前であり、トロントの公共交通機関に相当するものです。

このTTCの何が素晴らしいかと言うと、どこまで行っても一回の乗車料金が同一!!

しかも、TTCが運営しているバスやストリートカーとの乗り継ぎに関しても追加料金は無し!!

どこまで行っても同一料金ならさぞかしお高いんでしょうと思われる方もいるかと思いますが、聞いて驚くなかれ!

 

一回の乗車料金

C$⒊25!!!

 

カナダドルで言われてもわからんという方のために日本円に換算すると

約280円!!(2018年11月6日現在)

どこまで行っても280円!

バスに乗ろうがストリートカーに乗ろうが280円!!

素晴らしいと思いませんか?

 

しかも、お得なワンデーパスマンスリーパスも販売されています。

このパス類!日本の定期券とは異なり区間が決まっていません!

つまり、購入した期間TTC乗り放題!!

使わない理由がない!

てか、

TTC使わなきゃトロントどこにも行けないです笑

1週間以上の滞在の方はパスを買うことをお勧めします。

改札にいる駅員さんに

“I want weekly(monthly)pass.”

って言ってお金払えば簡単に買えるので是非買ってみてください。

 

病気になっても大丈夫!!

海外で病気になるとかなり焦りますよね。

私は今までに3回海外に行ったことがありますが、3分の2の割合で病気してます笑

カナダでもついに病気に罹ってしまいました。

扁桃炎ですね〜

この記事書きながら療養しています笑笑

 

昨日病院に行ったのですが、その際に使わせて頂いたのが『WELLNESS KIZUNA』さんです。

トロントで日本語の通じる病院 WELLNESS KIZUNA

こちらトロント医療通訳をしてくれる会社なのですが、

  • LINEでの予約対応が可能
  • 医療保険に入っていて保険の対象疾病であれば完全キャッシュレスで病院の受信が可能
  • 病院までの交通費の立て替えも可能

 

と至れり尽くせりの対応をしてくださりました。

それに加えて、通訳してくださる方は日本とカナダの看護師免許を持っている方なのでとても安心です。

きっと英語圏以外の国でもそう言った日本語通訳のサービスをしている会社があると思うので、一度検索してみることをお勧めします。

流石に拙い語学力で体調について説明することは恐ろしいですからね…笑

 

ちなみに薬を処方されたのですが、薬に関しては日本に生まれて本当によかったと思います…

参考にケニアに行った時にもらった薬と、今回もらった薬の写真を上げときます笑

 

ケニア

f:id:ringoapo90:20181107091845j:plain

f:id:ringoapo90:20181107091849j:plain

 

【カナダ】

f:id:ringoapo90:20181107094808j:image

 

机が汚いのはご愛嬌で…

 

まとめ

文字数が3000字を超えたので今回はこのくらいにしておきます。

海外生活って不安も多いとは思いますが、今のところなんとかなってます笑

ホームステイ先の人は優しいし、メキシコ人の友達とか韓国人の友達とかみんなフレンドリーです!

今のところ人種差別もありません!

寿司もラーメンもあります!

あと、トロントで二郎系ラーメンやっている店をネットで発見したので今度行ってみようと思います。

食べ物に関してはまた今度記事にしようかなと思っています。

 

また記事更新していくので楽しみにしていてくださいね!!

 

最近覚えた日常生活で使えない単語

tonsillitis

って単語知ってますか?

あえてカタカナで表記するなら【タンサライティス】ですかね??

 

実はこれ

扁桃

って意味らしいです(ちゃっかり調べました笑)

使えないけど万が一の時覚えていたら便利ですよね〜笑

 

友達がブログ始めたらしいので紹介する

カナダで知り合った友達がはてなブログ始めたらしいので紹介します。

Kaiくんとは友達の紹介で出会って一緒にケベック行きました!!

kaisea7.hatenablog.com

ハロウィンの時の記事はなかなかにスリリングでビックリしました笑

 

結構英語が堪能な友達なので私とは違った視点からカナダについての魅力を伝えてくれると思います。

是非見に行ってみてくださいね!!

 

ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

Twitterもやっているので是非フォローお願いします!!

読者登録も是非お願いします!! 

 

ブログ村にも登録してみたので、よかったらクリックおねがいします!

ブログランキング・にほんブログ村へ